北東イタリアの世界遺産

ヴェネツィア市内の運河

国中が美しくて魅力的なこの国はやはり世界遺産の数も世界最多を誇ります。そのためこの国をを訪れようと思っても、何かに的を絞らなければ見るべき場所が多すぎて回りきれません。地元の人ですら回りきれないのですから、まして日本人が人生の中で回りきるチャンスはほとんどありません。

■「イタリア」がたっぷりの北東部へ行こう

できるだけ1回でこの国のさまざまな魅力を味わってしまう方法は何か無いのでしょうか? 実はあります。 北東部に旅へ出かければいいのです。北東部にはこの国の魅力が詰まった世界遺産スポットが点在しています。例えば、

・ヴェローナ市街
・ドロミーティ
・ヴェネツィア

というようなスポットが存在します。この国は都市部はもちろん美しいですが、都市ばかりが美しいのではなく自然も美しいです。そしてその美しい自然と都市が共存した奇跡のような場所もあります。 北東部には狭いエリアにいろいろな魅力が詰まっており、その魅力あるスポットをじっくりと回れば、「イタリア」らしい部分を満喫できるのです。

・町全体が丸ごと世界遺産に認定されている花の都ヴェローナ市街

美しい景観の都市、ヴェローナです。シェイクスピア作品『ロミオとジュリエット』の舞台でもあり、古くから花の都と呼ばれたその町は昔ながらの建築物が丸ごと残っています。  日本にも京都のように古い建物が集合している場所はありますが、京都という町が丸ごと世界遺産に認定されているわけではありません。その点ヴェローナは町全体が古い町並みの景観を保持しているので、町全体で世界遺産なのです。中世の町並みを満喫したい人はヴェローナで決まりです。

・世界遺産に認定されている山脈ドロミーティ

イタリアの魅力は都市やそのデザインだけではありません。自然の景観も美しいです。ドロミーティとは山脈を言いますが、その切り立った景観は見るものを圧倒します。1日2日で回れる規模の山脈では無いですが、都市の次は雄大な自然の景観で打ちのめされてください。

・都市と自然が奇跡のような形で共存する世界遺産の町ヴェネツィア

都市も自然の景観も美しいイタリアですが、その都市と自然の魅力を共存させた奇跡のような都市があります。ヴェネツィアです。ヴェネツィアはぬかるんだ干潟に無数のくいを打ち込んで基礎を作った町です。まるで海上に浮かんでいる都市のようです。

今まで訪れた経験は無くても、ヴェネツィアという都市の名前を耳にしたり、写真を見たりした人は多いと思います。そうした方がヴェネツィアの魅力を知るためには、衛星写真を確認してみるといいです。なぜヴェネツィアがこの国のみならず、世界中に有名で、都市そのものが丸ごと世界遺産に登録されているのかよく分かります。

また、衛星写真を見れば、ヴェネツィアがもともと干潟の上に作られたという事実もよく分かります。実際にヴェネツィアの周りには今もなお、干潟が手付かずの状態でたくさん放置してあるからです。

■美しい町々を訪れ、イタリアを満喫しよう

この国の魅力を、ひいてはヨーロッパ的な魅力を短期間で集中的に、かつ効率良く見て回りたいなら、北東部に訪れるといいです。都市も自然も、そして自然と都市が融合した奇跡のような場所も北東部には存在します。その他、世界遺産も同地域に豊富に存在しているので、一度で何度も美味しい北東部の旅をお勧めします。